メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「犬ばさりで犬ばしり」日本一犬に優しい街へ 鳥取・倉吉がドッグラン整備

道の駅「犬挟」に整備が進められているドッグラン=鳥取県倉吉市関金町山口で2019年9月3日、園部仁史撮影

 「犬ばさり」で「犬ばしり」を――。鳥取県倉吉市は同市・関金町の道の駅「犬挟(いぬばさり)」の敷地内に、飼い犬が自由に走り回ることができるドッグランを整備する計画を進めている。開業予定は10月中旬。同市は今なお人気が高い江戸後期の名作「南総里見八犬伝」(曲亭馬琴=きょくていばきん=作)のモデル、里見忠義が余生を過ごした場所とされ、観光客人気も当て込んでいる。【園部仁史】

 忠義は安土桃山~江戸時代初期ごろの安房(あわ)(現在の千葉県南部)の館山藩主。倉吉市中心部にある「大岳院」には忠義と忠臣8人の墓の他、犬8匹の石像も飾られている。小説「八犬伝」は今もアニメやゲームのモチーフとして人気が高くファンも多い。市イメージキャラクター「くらすけくん」は、八犬士に憧れるビーグルという設定で、白壁土蔵の着ぐるみを付けている。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです