メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トラック運転手、Uターン誤り右折か 首都高に乗るルート、過去に走行 京急衝突

神奈川2丁目交差点にある標識。JR東神奈川駅下を通る道は2.8メートルの高さ制限があるため、大型車の通行はできない=横浜市神奈川区で2019年9月6日、米田堅持撮影

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で快特電車と大型トラックが衝突した事故で、トラック運転手はUターンするはずの国道交差点で間違えて右折した末、事故現場の踏切に近づいた可能性がある。捜査関係者への取材で判明した。神奈川県警が運行記録などを調べたところ、運転手は過去に付近を複数回走行し、その際は交差点をUターンして首都高速に乗るルートを走っていた。

 5日、京急神奈川新町駅に近い踏切で立ち往生していた千葉県の「金子流通サービス」の13トントラックに快特が衝突し、トラックの本橋道雄運転手(67)が死亡、乗客ら35人が軽傷を負った。トラックは事故現場から約1キロの場所にある神奈川区の倉庫で果物を積み込んだ後、千葉の業者に届ける予定だった。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです