メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界と渡りあうために」サッカーJ1神戸アカデミーの挑戦 組織も練習法もバルサ直伝

イニエスタを見いだしたアルベルト・ベナイジェス氏。アカデミーに関わり、新たな選手育成に携わる=神戸市西区のいぶきの森で2019年8月28日、丹下友紀子撮影

 将来のイニエスタが誕生するか――。サッカーJ1・ヴィッセル神戸が、クラブ間で連携するスペイン1部リーグの名門バルセロナの力を借りて、選手育成を本格化させている。豊富な資金力とバルセロナとの太いパイプを生かし、日本の選手育成に一石を投じている。【丹下友紀子】

 イニエスタ、ポドルスキに山口蛍ら、神戸には5カ国に及ぶ新旧代表選手が在籍している。しかし、下部組織から日本代表へとのし上がった選手はゼロ。これまでの育成方法が成功しているとは言いがたい状況だ。

 選手育成に注力するきっかけとなったのは、親会社の楽天が2017年にバルセロナと結んだスポンサー契約だった。18年にクラブはボール保持率を高めてパスをつなぐバルセロナのサッカーを模した「バルセロナ化」を打ち出し、その一つとしてアカデミーの変革にも着手した。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです