メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界と渡りあうために」サッカーJ1神戸アカデミーの挑戦 組織も練習法もバルサ直伝

イニエスタを見いだしたアルベルト・ベナイジェス氏。アカデミーに関わり、新たな選手育成に携わる=神戸市西区のいぶきの森で2019年8月28日、丹下友紀子撮影

 将来のイニエスタが誕生するか――。サッカーJ1・ヴィッセル神戸が、クラブ間で連携するスペイン1部リーグの名門バルセロナの力を借りて、選手育成を本格化させている。豊富な資金力とバルセロナとの太いパイプを生かし、日本の選手育成に一石を投じている。【丹下友紀子】

 イニエスタ、ポドルスキに山口蛍ら、神戸には5カ国に及ぶ新旧代表選手が在籍している。しかし、下部組織から日本代表へとのし上がった選手はゼロ。これまでの育成方法が成功しているとは言いがたい状況だ。

 選手育成に注力するきっかけとなったのは、親会社の楽天が2017年にバルセロナと結んだスポンサー契約…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです