メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界と渡りあうために」サッカーJ1神戸アカデミーの挑戦 組織も練習法もバルサ直伝

イニエスタを見いだしたアルベルト・ベナイジェス氏。アカデミーに関わり、新たな選手育成に携わる=神戸市西区のいぶきの森で2019年8月28日、丹下友紀子撮影

 将来のイニエスタが誕生するか――。サッカーJ1・ヴィッセル神戸が、クラブ間で連携するスペイン1部リーグの名門バルセロナの力を借りて、選手育成を本格化させている。豊富な資金力とバルセロナとの太いパイプを生かし、日本の選手育成に一石を投じている。【丹下友紀子】

 イニエスタ、ポドルスキに山口蛍ら、神戸には5カ国に及ぶ新旧代表選手が在籍している。しかし、下部組織から日本代表へとのし上がった選手はゼロ。これまでの育成方法が成功しているとは言いがたい状況だ。

 選手育成に注力するきっかけとなったのは、親会社の楽天が2017年にバルセロナと結んだスポンサー契約だった。18年にクラブはボール保持率を高めてパスをつなぐバルセロナのサッカーを模した「バルセロナ化」を打ち出し、その一つとしてアカデミーの変革にも着手した。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです