メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人にようやく活気が戻った 勢いづけたのは坂本勇

 連敗の重苦しさは、積極的なプレーで打破するしかない。巨人の2番・坂本勇が体を張って、久しぶりにチームに活気を呼び込んだ。

 一回、先頭の亀井が二塁打で出塁した直後の打席。「最低でも右方向へ打てたら」と意識した通り、低めの球を逆らわず右翼へ打ち返して二塁打とし、先制点を呼んだ。さらに、続く丸への初球が暴投になる間に二塁から一気に本塁へ突入し、ヘッドスライディングで生還。「あれが一番速いと思った」とユニホームを汚した果敢なプレーを、原監督も「いい意味でチームに活…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです