メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク・和田、チームの勢い生かせず

 2位の西武が敗れたため、優勝へのマジック点灯の絶好のチャンスを迎えたソフトバンク。しかし、投打とも精彩を欠き、ロッテに完敗した。先発の和田は、相手先発の西野より先に点を許して五回途中2失点で降板。ダッグアウトに戻ると、顔をゆがめた。

 二回以降、毎回走者を出した。「調子はよくなかった。何とか粘ろう」。和田はマウンド上で自らに言い聞かせた。ピンチでは球数を使って内、外角ぎりぎりのコースに丁寧に投…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  2. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです