メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川俣町、ミツフジ、立命館 連携拠点を整備へ 24年完成予定 /福島

 川俣町、導電性繊維の製造販売会社ミツフジ(京都府精華町)、学校法人立命館(京都市)は7日、川俣町鶴沢のミツフジ福島工場で、企業同士の共同開発や産官学の連携拠点となる施設「福島イノベーションビレッジ」(仮称)設立構想を発表した。2020年から3期に分けて工事を進める計画で、24年に完成予定。

 ミツフジの三寺歩社長によると、施設は、工場に隣接する同町西部工業団地の空き区画に建てる。第1期に教育…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです