メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発事故 避難指示解除後初の夏祭り 大熊、活気あふれ 帰還者ら旧交温める /福島

盆踊りを楽しむ参加者ら=福島県大熊町大川原で

 今年4月に東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された大熊町大川原地区で7日、解除後初めての夏祭りが開かれた。町民らは懐かしい顔をたくさん見つけ、旧交を温め合った。会場の町役場前広場は原発事故以前のようなにぎわいを取り戻し、来場者は進みつつある復興を実感した様子だった。【高橋隆輔】

 祭りは、住民や企業、行政でつくるおおくまコミュニティづくり実行委員会が主催。町民たちが音楽ステージや屋台、バーベキュー、盆踊りなどで約4時間楽しんだ。屋台では、8月から出荷を始めた町内産イチゴを使ったかき氷などが販売された。

 音楽ステージでは、同町出身でギター担当の川本大貴さん(21)が所属するロックバンド「AORA」がト…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです