メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-三浦弘行九段 第11局の3

三浦攻勢

 定跡手順が整備されておらず、一手一手読みを入れながら、手探りで進めていかなければならない展開を手将棋模様という。本局は、まさにそれである。昼下がりのうららかさとは裏腹に、本譜に入って2人の指し手はペースダウン。神経を使う熟考が繰り返される。

 三浦は3手連続で左金を歩越しに活用した。特に[後]5五金には62分を投じている。代わりに[後]5四歩~[後]5五歩~[後]5四金のような構想も脳裏をかすめたのではないか。歩越しの金は後戻りできない。いったん飛び…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです