特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球日本選手権 北信越最終予選 伏木海陸、接戦制す きょう代表決定戦 /富山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【フェデックス-伏木海陸運送】五回裏伏木海陸運送2死三塁、越中が適時三塁打を放ち三塁上でガッツポーズ=新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで、露木陽介撮影
【フェデックス-伏木海陸運送】五回裏伏木海陸運送2死三塁、越中が適時三塁打を放ち三塁上でガッツポーズ=新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで、露木陽介撮影

 第45回社会人野球日本選手権最終予選北信越地区大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)は第2日の7日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで準決勝2試合があり、伏木海陸運送(高岡市)とバイタルネット(新潟市)が代表決定戦に駒を進めた。

 伏木海陸運送はフェデックス(長野県塩尻市)を2―1で降し、8大会ぶりの本大会出場を目指す。バイタルネットは延長戦の末、今夏の都市対抗に出場した信越クラブ(長野市)を3―1で破った。本大会に出場すれば5大会ぶり。

 代表決定戦は8日午前10時から同球場である。勝者が10月に京セラドーム大阪(大阪市)で始まる本大会に出場する。【露木陽介】

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文683文字)

次に読みたい

あわせて読みたい