メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州取材前線 アリーナ、本当に必要? リニア開業向け、飯田市が建設検討 維持費重く、経済効果に疑問 /長野

市民らによる「リニア時代に向けた新施設の整備に関する検討委員会」。この場でも「施設が必要か否かをまず検討すべきだ」との意見が出た=長野県飯田市役所で

 リニア中央新幹線開業が2027年に迫り、長野県駅が建設される飯田市は、周辺の再開発の一環で、スポーツやコンサートなどのイベントが開催できる大型複合アリーナ(体育館)の建設を検討している。東京から40分、名古屋から20分とリニアがもたらす抜群のアクセスを売りにプロスポーツの誘致も視野に入れる。一方で、膨大な建設費や維持費が人口約10万人の同市の身の丈に合うのか、疑問を呈する声も多い。【大澤孝二】

 大型複合アリーナの検討は、飯田市体育協会が「市スポーツ振興ビジョン」を策定する過程で2016年2月…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1194文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです