メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぎふ人物記

私財で奨学金設立 高井法博さん(72) 今度は自分が助ける /岐阜

高井法博さん

 経済的に進学が難しい学生を対象に、返済不要で月5万円、最長4年間援助する「高井法博奨学金」。岐阜市の税理士、高井法博さん(72)が創設し、今年で3年目を迎えた。自身も生活保護家庭で育つなど苦学生だったことから、「若者の支援に全てを注ぐ」とその思いを語る。【横田伸治】

 岐阜市打越で税理士事務所を経営してきた。創業40周年を節目に、第一線を退き会長に就任した。「これまで受けた恩を社会に返したい」と、私財から1億円を投じ、奨学金制度を設立、経済的理由で高校、大学へ進学できない優秀な生徒や学生の援助を始めた。これまで7人が奨学金を受けたが、全ては自身も若い頃、周囲に助けられて勉学に励んだ経験があるからだ。

 父は旧山県村(現岐阜市)の裕福な寺の50代目だった。だが、高井さんが生まれて間もなく、戦後の農地改革で土地を手放すことになった。父が新たに始めた事業も失敗、一家の生活は困窮した。小学校に入ると新聞配達で家計を支えたが、父が結核に倒れ程なく母も入院。一家は生活保護を受けざるを得なくなった。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  3. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです