メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぎふ人物記

私財で奨学金設立 高井法博さん(72) 今度は自分が助ける /岐阜

高井法博さん

 経済的に進学が難しい学生を対象に、返済不要で月5万円、最長4年間援助する「高井法博奨学金」。岐阜市の税理士、高井法博さん(72)が創設し、今年で3年目を迎えた。自身も生活保護家庭で育つなど苦学生だったことから、「若者の支援に全てを注ぐ」とその思いを語る。【横田伸治】

 岐阜市打越で税理士事務所を経営してきた。創業40周年を節目に、第一線を退き会長に就任した。「これまで受けた恩を社会に返したい」と、私財から1億円を投じ、奨学金制度を設立、経済的理由で高校、大学へ進学できない優秀な生徒や学生の援助を始めた。これまで7人が奨学金を受けたが、全ては自身も若い頃、周囲に助けられて勉学に励んだ経験があるからだ。

 父は旧山県村(現岐阜市)の裕福な寺の50代目だった。だが、高井さんが生まれて間もなく、戦後の農地改…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです