メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和大使、経験生かしたい 国連でスピーチ、署名提出も 育英西高2年・端山さん /奈良

「高校生平和大使をスタートに、さまざまなところで積極的に活動していきたい」と話す端山優希さん=奈良市三松の育英西高で、佐藤英里奈撮影

 核兵器廃絶を訴える「高校生平和大使」として先月、育英西高校(奈良市三松)2年の端山優希さん=広陵町=がスイス・ジュネーブの国連欧州本部を訪れ、過去最多の21万筆以上の反核署名を提出した。外交の大舞台でスピーチもした。「今回の経験をいろいろなところで生かしたい」と話す。【佐藤英里奈】

 平和大使は今年で22回目。全国から過去最多の23人が選ばれた。端山さんは県内から唯一の参加者だった。

 平和について考えるようになったのは小学生のころ。授業の一環で広島の被爆女性の体験談を直接聞いた。女…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文754文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです