メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

40年の歴史、鶴に込め 21年度末で閉校、平城高文化祭でアート /奈良

「折り鶴アート」の前に立つ小林駿介さん(左)と武田果那さん(中)ら=奈良市朱雀2の県立平城高校で、小宅洋介撮影

 奈良市朱雀2の県立平城高校で文化祭「平城山(ならやま)祭」が開かれた。7日は一般公開され、全校生徒で作った「折り鶴アート」が体育館でお披露目された。2021年度末の閉校が決まっており、来年度は生徒を募集しないため3学年がそろう平城山祭は最後。「3学年そろう創立40周年の節目に全校生徒で何か大きなことを」と生徒会が企画した。

 縦5・4メートル、横8・1メートルの大作。4万8600羽の折り鶴を27枚のパネルに貼り付けて組み合わせた。校舎の上に「HEIJO」と「40th」の文字が浮かび上がっている。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです