メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌る?紀になる!

石碑16基「災害伝承碑」に 3地震の津波記録、ウェブ地図で紹介 田辺 /和歌山

昭和南海地震の潮位を刻む「南海大地震津浪潮位標」と新庄の歴史に親しむ会の岡崎美次会長=和歌山県田辺市新庄町で、藤田宰司撮影

 宝永地震(1707年)や安政南海地震(1854年)、昭和南海地震(1946年)による津波の記録を刻んだ田辺市新庄町の石碑16基が、国土地理院により「自然災害伝承碑」として登録された。ウェブ地図「地理院地図」で、碑の名称や所在地、碑文の内容などの情報と写真が紹介されている。【藤田宰司】

 自然災害伝承碑は、国土地理院が今年制定した新しい地図記号。災害が起きた場所や被災したエリアを伝える石碑や供養塔、モニュメントを地図上に掲載し、碑に込められたメッセージや教訓を知ってもらい、防災意識を高めて将来の被害軽減につなげることを目的としている。

 新庄町は西側に田辺湾が広がり、過去に何度も津波に襲われてきた。歴史を学ぶ住民グループ「新庄の歴史に…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです