メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3町の魅力をPR 美浜・日高・由良町職員ら、毎日新聞和歌山支局訪問 /和歌山

和歌山県美浜町、日高町、由良町3町の魅力をPRするPROJECT24のメンバーら=和歌山市の毎日新聞和歌山支局で、、山田毅撮影

 美浜、日高、由良の3町職員らで結成された「PROJECT24」のメンバーが5日、毎日新聞和歌山支局(和歌山市六番丁)を訪問し、各町の魅力をPRした。

 同団体は3町や県日高振興局の職員、地域おこし協力隊のメンバーらが集まって7月に発足。「24」は海岸線を結ぶ県道24号にちなんだ。ユーチューブやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで積極的に観光情報を発信している。

 ユーチューブでは、日高振興局の職員が「どんぶリーマン」と名乗り、3町の名物丼を食して回る様子が見られる。これまでに、美浜町の地元産シラスとサーモンを合わせた「すてぶす丼」、由良町が最近売り出している海藻のアカモクを使った「あかもく丼」を紹介している。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです