メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「心を白紙にして眺めて」 墨華書道展が開幕 高松 /香川

前衛や臨書などの力作が並ぶ墨華書道展=高松市紺屋町の市美術館で、佐々木雅彦撮影

 第61回墨華書道展(墨華書道会主催、毎日新聞高松支局など後援)が7日、高松市紺屋町の市美術館で開幕した。県内の著名な書家から子どもの作品まで計953点が展示されている。

 一般の部(役員、同人、準同人、一般)では前衛と創作・臨書の計122点を展示。同会の小森秀雲名誉会長は「梅花歌」(創作・臨書)を、…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです