連載

ストーリー

記者が現場を歩き、見て、聞いて、感じながら、ニュースの深層、話題の人々の内面に迫る長編ルポ。

連載一覧

ストーリー

異色の学者、3D技術駆使(その1) ピラミッドを丸裸に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ギザの三大ピラミッド近郊のメンフィス地区でドローンでの調査を行う河江肖剰さん=2017年3月(本人提供)
ギザの三大ピラミッド近郊のメンフィス地区でドローンでの調査を行う河江肖剰さん=2017年3月(本人提供)

 エジプトの首都カイロに近い街ギザ。名古屋大学高等研究院准教授でエジプト考古学者の河江肖剰(かわえゆきのり)さん(46)は2015年2月、高さ約139メートルの世界遺産「クフ王のピラミッド」頂上付近にいた。約51度の急斜面で、同行者の足元を気遣いながら、思考は4500年前にさかのぼっていた。「当時の現場監督は、どんな思いで建設を指揮したのだろうか」

 ピラミッドの登はん調査は、13年に続き2度目。11年の中東民主化要求運動「アラブの春」の混乱後、「研究名目だけではまず許可が下りない」(河江さん)状態だった。しかしテレビ番組「世界ふしぎ発見!」(TBS)の案内役を兼ねることで得られた機会を生かし、202段の石組み全ての高さを計測した。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文696文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集