メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「卑弥呼の銅鏡」との説もある三角縁神獣鏡には…

[PR]

 「卑弥呼(ひみこ)の銅鏡」との説もある三角縁神獣鏡には中国神話の女神、西王母(せいおうぼ)が描かれている。長寿を願う道教の神でもあり、今も信仰の対象だ。旧暦8月15日の「中秋の名月」が近づくと、西王母に絡む伝説が話題になる▲天帝の娘、嫦娥(じょうが)が西王母から夫に授けられた不老不死の薬を盗み、月に逃げたという「嫦娥奔月(ほんげつ)」だ。月の模様からの連想だろう。罰としてカエルになったとかお供のウサギに薬を作らせているともいわれる▲長期化する香港のデモで焦点の人物になった林鄭月娥(りんていげつが)行政長官の名はこの伝説が由来だ。民主派の要求をはねつけて評判を落としたが、外部に漏れた肉声には人間味が感じられる▲「許されない大混乱を引き起こした」「可能なら辞任したい」「二人の主人(中国と市民)に仕えなければならない」。中間管理職の板挟みの苦悩のようだ。辞任や妥協を許さない中国政府へのささやかな抵抗かと臆測を呼んだ▲世界を驚かせた「100万人デモ」から3カ月。林鄭氏は「逃亡犯条例」改正案の撤回を正式に表明したが、民主派は「遅すぎた」と批判し、事態収拾の見通しはつかない。授業ボイコットに入った学生らは13日の「中秋の名月」を期限に一層の譲歩を迫っている▲嫦娥がなぜ薬を盗んだか。身勝手説もあるが、夫が不老不死を得れば暴虐な王になりかねないと民の将来を憂えて決断したという話も伝わる。香港の将来を心配しているのは林鄭氏も同じだろう。さらなる一手を打てないものか。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

    5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです