メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

追跡 認知症の安楽死、オランダで波紋 医師、初の起訴

オランダの安楽死件数

 オランダで、認知症が進行した患者に十分な意思確認をせず安楽死させたとして起訴された医師(68)に対する判決が近く言い渡される。2002年に安楽死の実施を認める法律が施行されてから安楽死に関わった医師が刑事責任について判断を下される初めてのケースという。検察は、認知症患者の安楽死はどのような場合に認められるのかを「明確化」する事件と位置付け、公判では医師への求刑を避けた。【ブリュッセル八田浩輔】

 検察の発表文によると、医師は16年4月22日、ハーグにある高齢者福祉施設で、74歳の女性を安楽死させた。重い認知症を患っていた女性は症状が悪化する前、医療施設に入るほどに病状が重くなり、自ら「その時」が訪れたと判断した場合に安楽死を望むという事前指示書に署名していた。

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文2005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 露反体制派 「プーチンの宮殿」暴露動画を公開 黒海沿岸に1400億円の豪邸

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです