メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

サミットの「限界」 首脳の政治的「演芸場」=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

小倉和夫さん=宮間俊樹撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 フランス南西部の観光都市ビアリッツで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、従来と違って、短い紙一枚の宣言しか発出できなかった。しかも、サミット本来の使命である、経済政策に関する協調行動についての力強いメッセージもなかった。そうしたことから、サミットの「限界」やその意義への懐疑的論評が広がった。

 たしかに、サミットは、今や首脳の政治的「演芸場」になりつつある。宣言は、事前の準備なく、議長のマク…

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1749文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです