メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年半 高台移転、ぽつんと一軒 資金難、断念相次ぐ

造成された地区にぽつんと建つ自宅(写真中央)から日課の散歩中、空き地で休憩をとる木村栄五郎さん=宮城県石巻市の分浜地区で2019年9月5日、百武信幸撮影

 東日本大震災の被災者向けに自治体が復興予算を投じて整備した宅地約107ヘクタールが空き地や利用未定となっている。新たな移転先で震災前と同じようなコミュニティーをつくるのは難しく、土地の活用をめぐり、課題が山積している。【百武信幸、三瓶杜萌】

石巻・雄勝 進む高齢化

 リアス式の海と山から注ぐ水が良質なカキやホタテを育む雄勝湾沿いの集落、宮城県石巻市雄勝町の分浜(わけはま)地区。海抜20メートルを超え、海を見下ろす高台に造成された土地で、木村栄五郎さん(83)は「おやっつぁんと飲みたかったなあ」と声を落とした。隣に越してくるはずだった同世代の男性は、仮設住宅で妻に先立たれ、住宅建設費も重荷となり、当初の計画をあきらめて既存の災害公営住宅(復興住宅)に移った。元の地区の近くの高台に造成されたこの地に再び戻ってきたのは木村さん一家1戸だけ。周りは空き地のままだ。

 分浜は市中心部まで約30キロ、車で50分弱かかる。木村さんは漁師の長男夫婦と孫娘と4人で暮らす。か…

この記事は有料記事です。

残り2353文字(全文2785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです