メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

震災復興地の「空き地」どうして? 移住や要介護、資金… 整備中、希望者に変化=回答・百武信幸

かさ上げ・高台移転のイメージ

 なるほドリ 東日本大震災で被災した人が家を建て直すには、どんな方法があるの?

 記者 被害を受けた土地を盛(も)り土をしてかさ上げし、まち一帯を整備する「復興(ふっこう)土地区画整理(区画整理)事業」や、津波が来た地域を住めなくする代わりに、国が土地を買い取り、高台に移る「防災(ぼうさい)集団移転促進事業」(防集(ぼうしゅう))があります。漁師の多い地区で、元の集落を安全性を高めて住めるようにする「漁業(ぎょぎょう)集落防災機能強化事業」(漁集(ぎょしゅう))もあります。自宅の再建(さいけん)を望む被災者は、行政が整備したこうした場所に、自分の土地を買ったり、一定期間無償(むしょう)で借りたりして、自分のお金で家…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです