メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 ストーリー 再ブレークの江口寿史さん/変革 第10部 マルハニチロ/諫早湾干拓訴訟 最高裁判決

[PR]

 ◆ストーリー

再ブレークの江口寿史さん 15日・日曜日 1面、ストーリー面

 漫画家の江口寿史さん(63)が描くイラストが広告や出版界で高い評価を得ています。女性を描いた作品が多く、徹底した観察眼が表れています。1981年に発表した代表作「ストップ!!ひばりくん!」はアニメ化もされましたが、遅筆のため漫画連載は中断。イラストで再ブレークした江口さんは今、「もう一度、漫画を描きたい」と語りますが……。その思いに迫ります。

 ◆変革

第10部 マルハニチロ 10日・火曜日から 1面、総合面

 時代の波にもまれる企業の姿を描く「変革」第10部(全20回)がスタートします。第10部では、世界を舞台に漁業や水産物の買い付け・販売、缶詰など加工食品の製造を手がけるマルハニチロに迫ります。乱獲による魚資源の減少や、海外需要の増加に伴う「買い負け」の深刻化など、事業環境が大きく変化する中で、新たな成長を模索する同社の姿を描きます。

諫早湾干拓訴訟 最高裁判決 14日・土曜日

 長崎県の諫早湾干拓事業を巡り、潮受け堤防排水門の開門調査を命じた確定判決の無効化を求めて国が起こした請求異議訴訟の上告審判決が13日、最高裁で言い渡されます。諫早湾干拓を巡る一連の訴訟で、最高裁が判決を言い渡すのは初めてで、長年続いてきた法廷闘争の行方に大きな影響を与える可能性があります。判決の意義や、これからの見通しなどを伝えます。


 掲載日や内容は変更することがあります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悩み抱えるコロナ感染者 専門家「早めに周囲に助け求めて」 30代女性、命絶つ

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです