メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国 文氏、側近の処遇難題 法相候補の妻起訴

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の側近で、法相候補に指名された曺国(チョグク)前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官の妻が6日にソウル中央地検特捜部に私文書偽造罪で在宅起訴され、文氏は曺氏の処遇について難しい判断を迫られている。任命を強行すれば不正入試疑惑に不満を持つ若者層の支持離れは避けられない。一方、「検察改革」を推進する曺氏の指名を撤回すれば、改革推進力は失墜…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです