メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ボンカレー 点滴液の殺菌技術を応用

ボンカレーゴールド中辛=大塚食品提供

 世界初の市販用レトルト食品として1968年に誕生した大塚食品のボンカレー。発売50周年の昨年までに約30億食が売れた「国民食」だ。「ボン」はフランス語で「良い」「おいしい」を意味するbon。国産野菜にこだわり、定番の「ボンカレーゴールド」など16種類を展開する。

 60年代、カレーは固形ルーが一般的で、具材を煮込んだり、大人と子供用で辛さを分けて調理したりするのに手間がかかった。そこで米国の雑誌で紹介された真空パックのソーセージをヒントに、パウチ詰めの調理済みカレーの開…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです