メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『ナチ 本の略奪』=アンデシュ・リデル著、北條文緒・小林祐子・訳

 (国書刊行会・3456円)

第三帝国支える思想の創出目指す

 ナチが美術品を略奪した悪業は、映画化もされており、知る人も少なくないだろう。しかし、ナチは美術品だけではなく、膨大な本や資料も奪っていた。本書は、美術品に比べて注目されにくい、ナチの組織的な本の略奪の詳細に迫り、その意図を白日の下にさらす。

 ヒトラーが首相に就任したのが一九三三年一月。同年の五月、ベルリンでは大規模な焚書(ふんしょ)が行われた。ユダヤ人や共産主義者の著作は「汚らわしい本」として火中に投じられた。ナチは、一九三三年以前から文化的イベントを妨害しており、「不快」な映画や「堕落した」芸術の展覧会を攻撃の対象としてきた。五月の焚書の火付け役は、ナチではなく学生連盟だったことに留意したい。焚書は各地で行われ、学生、教師、学長らが演説をし、大群衆を引き寄せた。当時の知識人たちは、この焚書を馬鹿(ばか)げた騒ぎにすぎないとあしらっていたが、この楽観的な見通しは外れることになる。

 焚書には、ナチが反知性的な文化破壊者というイメージがつきまとう。しかし、ナチがヨーロッパ中の図書館…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1451文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです