メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『エレベーター』=ジェイソン・レナルズ著、青木千鶴・訳

 (早川書房・1944円)

 米探偵作家クラブ賞(エドガー賞)のヤングアダルト部門受賞など高い評価を受けたサスペンス。アフリカ系米国人の新進作家が、銃社会の不条理と現実を斬新な手法で生々しく描いている。

 小説を読もうとページを繰りはじめると不意打ちを食らう。独特な文体と視覚的に訴えかけてくるタイポグラフィー(文字表現のデザイン)は、まるで詩集のようだ。しかし、そこには物語が存在する。

 15歳の少年、ウィルのモノローグで物語は進んでいく。ウィルより4歳上の兄ショーンは突然、銃に撃たれ…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです