メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 楽天5-3西武 楽天、打順替え的中

 楽天が逆転勝ちで連敗を4で止め、勝率5割に復帰。1点を追う四回、島内と渡辺佳の連続適時打などで4点を奪った。先発・辛島は緩急自在の投球で5回2失点に抑えチームトップの9勝目。西武は高橋光の制球が甘く、連勝が4で止まった。

1番・島内、勝ち越し打

 4連敗で借金1。漂う負の雰囲気を断ち切ろうと、楽天・平石監督は大胆な手を打った。前日(6日)の先発オーダーから4番・ブラッシュ以外、打順を総入れ替え。今季初めて、1番に島内を抜てきするなど大きく動いた。「流れを変えたかった」と平石監督。その思惑が的中した。

 1点を追う四回、口火を切ったのは、前日までの3番から5番に入った浅村だった。1死から、5試合ぶりの…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです