メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

検証 あおり運転撲滅、厳罰化も 怒りにブレーキを

あおり運転防止に役立つ四つのテクニック

 「あおり運転」が止まらない。警察は取り締まりを強化し、今年6月末までの1年半で摘発した47件に対し、道路交通法より罰則が重い刑法を適用した。8日には茨城県警が、同県守谷市の常磐道で男性が殴打された事件で、男性に対して「あおり運転」をしたとして宮崎文夫容疑者(43)=傷害容疑で逮捕=を強要容疑で再逮捕する方針だ。一方、あおり運転につながる怒りを鎮める方法を学ぶ動きも出ている。

 あおり運転は、神奈川県の東名高速で2017年6月、追い越し車線で停車させられた車がトラックに追突さ…

この記事は有料記事です。

残り2027文字(全文2266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです