メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京急衝突事故 Uターン誤り右折か 運転手、首都高乗れず

事故現場までのトラックの走行ルート

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で快特電車と大型トラックが衝突した事故で、トラック運転手はUターンするはずの国道交差点で間違えて右折した末、事故現場の踏切に近づいた可能性がある。捜査関係者への取材で判明した。神奈川県警が運行記録などを調べたところ、運転手は過去に付近を複数回走行し、その際は交差点をUターンして首都高速に乗るルートを走っていた。【池田直、松本惇】

 5日、京急神奈川新町駅に近い踏切で立ち往生していた千葉県の「金子流通サービス」の13トントラックに快特が衝突し、トラックの本橋道雄運転手(67)が死亡、乗客ら35人が軽傷を負った。トラックは事故現場から約1キロの場所にある神奈川区の倉庫で果物を積み込んだ後、千葉の業者に届ける予定だった。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです