メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

藤原帰一の映画愛 帰れない二人 改革開放でも潰されずに 気高く生きる中国人女性

 中国といえば日本を抜き、アメリカに迫る経済大国。でもちょっと前はまるで違いました。

 中国共産党が権力を掌握した当初は、市場経済と正反対の社会主義建設が目標でした。毛沢東主席の下で国民が総動員され、文化大革命を頂点とするイデオロギー支配と政治弾圧が続きました。

 鄧小平の時代に入ると一転し、改革開放の呼び声のもとで経済の自由化が進みます。そのなかで一時は政治の自由化への期待も生まれますが、その期待は1989年の天安門事件によって無残に裏切られました。それから30年、共産党の独裁は続く一方、経済はめざましく発展しました。

 すごい変化ですね。中国に住む人にとって、この激動はいったいどのような時代だったんでしょうか。外から…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです