メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長唄三味線とウィーンフィル奏者による演奏会 日本・オーストリア友好150周年記念

三味線を弾く四世今藤長十郎さん(右から2人目)と共演するメゾ・ソプラノ歌手の日野妙果さん=ウィーンで2019年9月6日、マックス・バルナ-氏撮影

 日本・オーストリアの国交樹立150周年を記念し、長唄三味線の四世今藤長十郎さんとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のチェロ奏者らが共演するコンサートが6日、ウィーンの楽友協会で開かれた。邦楽と西洋音楽が融合した美しい音色に、大勢の観客が酔いしれた。

 今藤さんは鳴り物や鼓に合わせ、長唄三味線の名曲「多摩川」と「二人椀久」を披露。月夜の語らいを表現した自作曲「絃調」では、ウィーンフィルのチェロ奏者であるヘーデンボルク直樹さんと息…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  3. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  4. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  5. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです