メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー、フィジー代表チーム秋田入り 130人がお出迎え

W杯に向け動きを確認するフィジー代表の選手たち=秋田市のあきぎんスタジアムで2019年9月7日午後5時13分、高野裕士撮影

 20日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に出場するフィジー代表チームが7日、事前合宿地の秋田市に到着した。選手の姿を一目見ようと、練習会場などには多くの市民が足を運んだ。

 今回秋田市入りしたのは選手31人と、ジョン・マッキーヘッドコーチ(HC)らスタッフ16人。同日正午ごろ、宿泊先のJR秋田駅前のホテルに選手らが到着すると、同市エコー少年ラグビークラブの選手や市職員ら約130人が出迎えた。子供たちはフィジーの国旗を持ちながら「ブラ!(こんにちは)」とフィジー語で元気にあいさつ。選手たちも「ブラ!」…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです