メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難指示解除後 初めての夏祭り 町役場前広場ににぎわい

盆踊りを楽しむ参加者ら=福島県大熊町大川原で2019年9月7日午後1時22分、高橋隆輔撮影

 今年4月に東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県大熊町大川原地区で7日、解除後初めての夏祭りが開かれた。町民らは懐かしい顔をたくさん見つけ、旧交を温め合った。会場の町役場前広場は原発事故以前のようなにぎわいを取り戻し、来場者は進みつつある復興を実感した様子だった。【高橋隆輔】

 祭りは、住民や企業、行政でつくるおおくまコミュニティづくり実行委員会が主催。町民たちが音楽ステージや屋台、バーベキュー、盆踊りなどで約4時間楽しんだ。屋台では、8月から出荷を始めた町内産イチゴを使ったかき氷などが販売された。

 音楽ステージでは、同町出身でギター担当の川本大貴さん(21)が所属するロックバンド「AORA」がトップバッターで登場。気持ちよく晴れた空の下で、古里や両親への思いを込めた歌などを演奏した。いわき市出身のボーカル、青木駿太さん(21)は「(作詞作曲した)川本の古里だと思うと、歌いながらいろんなことを考えた。いつもと違う表現を見つけられた」と笑顔。原発事故後初めての帰郷でもあった川本さんは「経験した…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです