メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号「記録的な暴風の恐れ」 気象庁が臨時会見

気象庁が入るビル=高添博之撮影

 強い台風15号は8日夜遅くから9日昼前にかけて、暴風域を伴って関東甲信地方か静岡県に上陸し、通過する見込みだ。気象庁は8日午前、臨時記者会見を開き「首都圏を含めて記録的な暴風になる恐れがある」として、不要不急の外出をしないよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風15号は8日午前10時現在、八丈島の南を時速30キロで北西に進んだ。中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。

 台風は強い勢力を維持したまま伊豆諸島近海を北上し、上陸する見込み。関東・伊豆諸島・東海地方で最大風…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. 羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです