台風15号、関東か静岡に上陸へ 気象庁「記録的暴風に厳重警戒を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東海道新幹線の改札前で列車を確認する人たち=JR東京駅で2019年9月8日午後5時57分、佐々木順一撮影
東海道新幹線の改札前で列車を確認する人たち=JR東京駅で2019年9月8日午後5時57分、佐々木順一撮影

 強い台風15号は8日夜遅くから9日昼前にかけて、暴風域を伴って関東甲信地方か静岡県に上陸し、通過する見込みだ。気象庁は8日午前、臨時記者会見を開き「首都圏を含めて記録的な暴風になる恐れがある」として、不要不急の外出をしないよう呼びかけている。

 気象庁によると、台風15号は8日午後4時現在、伊豆大島の南を時速30キロで北北西に進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。

 台風は強い勢力を維持したまま伊豆諸島近海を北上し、上陸する見込み。関東・伊豆諸島・東海地方で最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルと「記録的な暴風」となる恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文692文字)

あわせて読みたい

注目の特集