メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号、関東に上陸へ 最大瞬間風速60mと「記録的な暴風」の恐れ

気象庁が入るビル=高添博之撮影

 非常に強い台風15号は9日未明から明け方にかけて関東地方に上陸する見込みだ。関西空港などに被害が出た昨年9月の台風21号に匹敵する勢力で関東南部を通過する恐れがある。気象庁は「首都圏を含めて記録的な暴風になる恐れがある」として、不要不急の外出をしないよう呼びかけている。

 気象庁によると、台風15号は8日午後10時現在、伊豆大島の南南西を時速20キロで北に進んだ。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の南東側90キロ以…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです