メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We♡Rugby~世界のフィールドから

スコットランド・ラグビー協会COOが語るチームの現状と日本の印象

ワールドカップに向けた展望を語るスコットランド・ラグビー協会のドミニク・マッケイ最高執行責任者=スコットランド・エディンバラで2019年8月20日、喜屋武真之介撮影

 アジア初開催となる9月20日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、1次リーグ突破を目指す日本(世界ランキング10位)。越えなければならない壁が、スコットランド(同7位)だ。日本が前回の2015年イングランド大会1次リーグで対戦した4チームのうち唯一黒星を喫し、決勝トーナメント進出を阻まれた要因になった。チームの強化策や現状について、スコットランド・ラグビー協会(SRU)のドミニク・マッケイ最高執行責任者(COO)に聞いた。【聞き手・エディンバラで長宗拓弥】

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです