メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産の西川社長が辞意 不当報酬、批判強く

西川広人社長

 日産自動車の西川(さいかわ)広人社長が辞任の意向を周辺に伝えたことが9日、明らかになった。株価連動型の報酬制度で不当に上乗せされた報酬を受け取っていた問題が発覚し、社内で責任を問う声が強まっていた。辞任の時期は未定だが、カルロス・ゴーン前会長による事件に関する内部調査が一段落したことを踏まえ、指名委員会などでの後任選定作業を急ぐ。西川氏は9日朝、記者団に「次の世代にバトンタッチをできるだけ早くしたい」と述べた。【小坂剛志、道永竜命、本橋敦子】

 西川氏は2013年5月に「ストック・アプリシエーション権(SAR)」と呼ばれる株価連動型の報酬制度…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです