連載

見上げてごらん

科学や医療を巡るあらゆる出来事を永山悦子・医療プレミア編集長兼論説室が読み解きます。

連載一覧

見上げてごらん

日本を好きな理由=永山悦子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本で6年ぶりに開かれた「アフリカ開発会議(TICAD)」の直前、初めてアフリカを訪れた。行き先はエジプト。地理的にも歴史的にも欧州に近く、「それなりの都市だろう」というイメージだったが、実際は、自らの不勉強を反省することになった。

 近郊を含め人口約2000万人の首都カイロですら、街はゴミだらけ、車は車線も交通ルールも無視。街を離れれば人々の足はロバ。水を運ぶおけを頭に乗せた女性や子どもの姿も少なくなかった。

 その中、「日本が大好き」という日本語ガイドのハゼムさんに出会った。「なぜ好きに?」と聞くと意外な答え。「日本はたくさん救急車を贈ってくれた。それがエジプト人の命を救ってくれた」。調べると、日本は1988年から救急車を贈るなど、救急医療整備を支援してきたと知った。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文938文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集