メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

日本を好きな理由=永山悦子

 日本で6年ぶりに開かれた「アフリカ開発会議(TICAD)」の直前、初めてアフリカを訪れた。行き先はエジプト。地理的にも歴史的にも欧州に近く、「それなりの都市だろう」というイメージだったが、実際は、自らの不勉強を反省することになった。

 近郊を含め人口約2000万人の首都カイロですら、街はゴミだらけ、車は車線も交通ルールも無視。街を離れれば人々の足はロバ。水を運ぶおけを頭に乗せた女性や子どもの姿も少なくなかった。

 その中、「日本が大好き」という日本語ガイドのハゼムさんに出会った。「なぜ好きに?」と聞くと意外な答え。「日本はたくさん救急車を贈ってくれた。それがエジプト人の命を救ってくれた」。調べると、日本は1988年から救急車を贈るなど、救急医療整備を支援してきたと知った。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです