メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

論の周辺 排除の論理に転化する「愛国」

 いま世界各地で、さまざまな立場の人々が「愛国」を訴えている。日韓関係を考えるうえでも、米中対立や英国の欧州連合(EU)離脱を理解するにも、香港の民主化運動の背景を語るのにさえ、愛国(英語でパトリオティズム)は避けて通れない問題だ。

 似た言葉にナショナリズムがある。国家主義、国民主義、国粋主義などと訳され、民族自決や独立運動を表すこともある。どうも難しいのは使う人によって、いい意味にも悪い意味にもなるからだろう。

 これに比べ愛国心というと素朴で、一応は誰もが抱いてしかるべき、いい意味のものというイメージが漂う。…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1501文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです