メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

論の周辺 排除の論理に転化する「愛国」

 いま世界各地で、さまざまな立場の人々が「愛国」を訴えている。日韓関係を考えるうえでも、米中対立や英国の欧州連合(EU)離脱を理解するにも、香港の民主化運動の背景を語るのにさえ、愛国(英語でパトリオティズム)は避けて通れない問題だ。

 似た言葉にナショナリズムがある。国家主義、国民主義、国粋主義などと訳され、民族自決や独立運動を表すこともある。どうも難しいのは使う人によって、いい意味にも悪い意味にもなるからだろう。

 これに比べ愛国心というと素朴で、一応は誰もが抱いてしかるべき、いい意味のものというイメージが漂う。…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです