メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

論の周辺 排除の論理に転化する「愛国」

 いま世界各地で、さまざまな立場の人々が「愛国」を訴えている。日韓関係を考えるうえでも、米中対立や英国の欧州連合(EU)離脱を理解するにも、香港の民主化運動の背景を語るのにさえ、愛国(英語でパトリオティズム)は避けて通れない問題だ。

 似た言葉にナショナリズムがある。国家主義、国民主義、国粋主義などと訳され、民族自決や独立運動を表すこともある。どうも難しいのは使う人によって、いい意味にも悪い意味にもなるからだろう。

 これに比べ愛国心というと素朴で、一応は誰もが抱いてしかるべき、いい意味のものというイメージが漂う。…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1501文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです