メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

Topics ベネチア・ビエンナーレ報告 観客に問う自然との共生 空気や音たゆたう日本館の空間

「ベネチア・ビエンナーレ」日本館の1階ピロティ=イタリア・ベネチアで

 世界に数ある国際美術展は、イタリアの水都を舞台とする「ベネチア・ビエンナーレ」から始まった。1895年に創設。2年に1度開催され、今年で58回を数える。美術界で依然、大きな影響力を持つ国際展の今を探るべく、現地を訪れた。日本館の展示を中心にリポートする。【三輪晴美】

 主会場の一つはベネチア最大の公園(通称ジャルディーニ)で、30カ国が恒久のパビリオンを持ち、自国主催で展覧会を行う。市内各所の国別展示も含めて審査が行われ、金獅子賞(優秀賞)を選出。今年、90カ国の中から選ばれたのはリトアニアで、ビーチを舞台に人々が語り、歌うオペラ仕立てのパフォーマンスだ。歌詞には環境破壊など社会問題も織り込まれた。

 造船所跡の巨大な会場アルセナーレでは、主にテーマ展が開催される。今年はロンドンのヘイワードギャラリ…

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1568文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです