メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

出色2新人のリアルな感覚=専門編集委員・川崎浩

ギラ・ジルカ

 8月、対照的な注目すべき2人の新人が現れた。1人は、1969年生まれ50歳のギラ・ジルカ。もう1人は99年生まれ20歳の鈴木瑛美子。2人とも傑出した歌唱力を持ち、ジャズ歌手のギラは歌謡曲、ゴスペルを学んだ鈴木は自作のJポップを歌う。古い価値観を問い直す令和の新時代を象徴するような2人を紹介する。

 8月14日に、ユニバーサルからデジタル配信でデビューしたのが、ギラ・ジルカ。曲は木暮美紀作詞・美樹克彦作曲の「ケンちゃん」とギラが作詞作曲した「ダメですか」。2曲とも「ケンちゃん」「ダメですか」をこれでもかというほど繰り返し、昭和歌謡チックな曲調とともに耳に焼き付き、繰り返し口ずさんでしまう。

 ギラは、神戸生まれの日・イスラエルのハーフ。米国バークリー音大に留学後、2008年から本格的なジャ…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1003文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです