メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

夏、花開く若手たち=斉藤希史子

「さいたまダンス・ラボラトリ」の公開リハーサルより、湯浅永麻作品の一場面(c)matron2019

 信州の夏を彩る「セイジ・オザワ松本フェスティバル」が7日、閉幕した。主体の「サイトウ・キネン・オーケストラ」には、今年も日本を代表する奏者が集結。マーラーの「巨人」などで入魂の音を響かせた。

 教育者でもあった斎藤秀雄を追悼し、弟子が催した演奏会がオケの母体。日ごろ個別に活動している奏者らが夏の一時期、長野県松本市に集う。期間限定の楽団ゆえか集中力がすさまじい。それに通じる舞踊作品を彩の国さいたま芸術劇場で見た。

 若手を募り昨夏始まった「さいたまダンス・ラボラトリ」。1日8時間、約2週間の濃密なカリキュラムに、…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです