メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬が西向きゃ

消えゆく蜂蜜の森=高尾具成

 児童文学作家・庄野英二(1915~93年)の「星の牧場」(理論社刊、長新太挿絵)を幼い頃に読み、蜂飼い(養蜂家)へのあこがれを持った。復員兵モミイチと愛馬ツキスミを主人公にした重いテーマの作品だが、ハチの羽音とも重なる音楽的な読後感が強く印象に残っている。

 蜂蜜はミツバチにより、集められた単なる花の蜜ではない。巣への貯蔵過程で、酵素を含むミツバチの「唾液」が混じり、ショ糖成分がブドウ糖と果糖に分解される。巣ではミツバチが水分を蒸発させ、濃縮状態を作り出す。自然の調和が織り成す特別な産物だ。

 東アフリカ・ケニア西部のマウ森林に暮らす先住民「オギエク」を訪ねた時のことだ。オギエクはケニアの4…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文945文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです