メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

トーク 葵わかな 映画「任俠学園」で問題児役 瞬発力が試される現場で

 社会奉仕がモットーで地元を愛するヤクザたちが倒産寸前の高校の立て直しに奔走する映画「任俠(にんきょう)学園」(木村ひさし監督)で、学園一の問題児、沢田ちひろ役を演じた。「ちょっとぐれているような役は初めて。この役を私にやらせてくださったことにすごく感謝している」と話す。

 弱小ヤクザ「阿岐本組」の組長(西田敏行)は世直しと社会貢献が大好き。高校の再建を任された組のナンバー2、日村(西島秀俊)は、反抗的なちひろや無気力で物事に無関心な生徒たちと向き合うことになる。

 親の愛情に飢えているちひろは、血の気が多いひねくれ者。一方で、強い正義感も合わせ持つ複雑な役柄だっ…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1077文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです