メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産・西川社長が辞意 選定作業急ぐ 不当報酬批判受け

日産自動車の西川広人社長=2019年7月25日、梅村直承撮影

 日産自動車の西川広人社長が辞任の意向を周辺に伝えたことが9日、明らかになった。株価連動型の報酬制度で不当に上乗せされた報酬を受け取っていた問題が発覚し、社内で責任を問う声が強まっていた。辞任の時期は未定だが、カルロス・ゴーン前会長による事件に関する内部調査が一段落したことを踏まえ、指名委員会などでの後任選定作業を急ぐ。西川氏は9日朝、記者団に「次の世代にバトンタッチをできるだけ早くしたい」と述べた。

 西川氏は2013年5月に「ストック・アプリシエーション権(SAR)」と呼ばれる株価連動型の報酬制度…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです