メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タピオカ人気は近畿圏でも 上半期の輸入量21倍

オープンしたばかりの「龍珍珠梅田」でタピオカドリンクを味わう若者ら=大阪市北区で2019年8月30日午前11時17分、小松雄介撮影

 首都圏を中心に始まったタピオカドリンクのブームが近畿にも飛び火している。人気を背景に近畿のタピオカの輸入量(上半期)は、前年同期の21倍と過去最高を記録。既に2018年通年の輸入量を大幅に上回っている。タピオカドリンク専門店の出店が盛んで、回転ずしチェーンなどが販売を強化していることも影響しているようだ。スイーツブームを契機にその後、スイーツの定番商品となったとされる「ナタデココ」のような存在となるか、関係者らは注目している。

 「今日は梅田や心斎橋の6軒前後を回る。いろんな味を楽しみたいから」。8月末に阪急梅田駅高架下にオープンした専門店、龍珍珠(ロンチンジュ)梅田(大阪市北区)で、兵庫県明石市の専門学校生、神谷紗花さん(19)は約30分待った後、お目当てのタピオカドリンクにありついた。スマートフォンで写真を撮り、仲間3人で飲み比べた後、早速次の店へと向かった。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです