メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「獺祭」4製品26万本自主回収へ アルコール度数ばらつきで旭酒造

回収対象の一つ「獺祭 純米大吟醸45」=旭酒造提供

 人気の日本酒「獺祭(だっさい)」を製造する旭酒造(本社・山口県岩国市)は9日、製造ミスにより本来のアルコール度数とは異なる製品を出荷したとして、4製品計約26万本(小売金額で約6億5000万円分)を自主回収すると発表した。

 回収するのは、いずれも今年4、5月と7月1~30日に製造した「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分」「獺祭 純米大吟醸45」「獺祭 等外」「獺祭 等…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです