メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不当報酬問題で求心力低下 突然の辞任劇に発展 西川日産社長

記者会見で自身の辞任について説明する日産自動車の西川広人社長=横浜市西区で2019年9月9日午後10時1分、宮間俊樹撮影

 日産自動車の西川広人社長は、昨年発覚したゴーン前会長の不正を厳しく糾弾し、同社の経営立て直しを主導してきたが、不当に上積みされた報酬を受け取っていた自身の問題が発覚。社内外で責任を問う声が強まり、求心力の低下が避けられない中で辞任に追い込まれた。【小坂剛志】

社内外、責任問う声

 「(ゴーン問題で)過去のウミが噴き出した。すべて整理して次の世代にお渡しすることがやり切れなかった。道半ばでバトンタッチとなることをお許しください」。9日午後9時40分に記者会見を開いた西川氏は、経営立て直しの途上での辞任となったことに悔しさをにじませた。

 ゴーン前会長が役員報酬を過少申告していたなどの不正発覚を受けて、西川氏は「会社を私物化していた」と…

この記事は有料記事です。

残り1601文字(全文1919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです